石粘土

2016年03月03日

・石粘土の作品 その5


ずいぶんとご無沙汰しています。
ここのところ調子が悪く、毎週診察に行っています。
大きな発作を起こして1週間くらい寝込んだりしたので、PCに向かうこともままならない状態で。
今も、まだ感覚過敏がひどいので、長い時間PCの前にいるのは無理で。
少しずつ、薬などで調整して、体調も戻りつつあるのですが、無理は禁物です。

あっという間に3月になってしまいましたね。
先月は、ほとんど具合の悪い状態が続いていた感じで…。
作品を作ることもできず、ひたすら寝ていることの多い一ヶ月でした…。

で、久しぶりに今日は過去の作品を紹介しようかと。
今回も石粘土の作品ですが。
トレイ7
この作品は、かなり気に入って、同じものをいくつも作りました。
型はちょうどいい感じの真四角の発泡スチロールのトレイがあったので、それにラップをして。
その上にひも状にした粘土を並べていって、編みこんでいきます。

この作品で初めてチャレンジしたのは、隅につけてあるバラの花。
バラの花びらを作るところとか、葉っぱの形を作るのが割と苦労しました。
バラの花びらは、雫型に作った粘土をつぶして平たくしたものを大きさを少しずつ変えていくつも作って、
それを芯から順番に巻いていくんですけど、巻き方とか、花びらの開き方とかが微妙で…。
うまくできた、と思っても、いざ隅のところに葉っぱと一緒に置いてみるとちょっとおかしかったり…。
そんな試行錯誤を重ねながら、やっとできた時には感動しました。

大体1辺10cmの大きさなので、使い勝手もよくて、あれこれ小物入れとして活躍してくれています。
隅のバラの花も、物を入れるのに邪魔にならないように配置してあるので、花を添えてくれるというか…。
自分的にも気に入って、自宅にも置いて使っています。
このくらいのサイズのものは、使い勝手がいいのかもしれないです。
深さも3.5~4cmくらいなので、玄関に置いてカギを入れたり、部屋のテーブルの上で小物入れになったり。
また作ることにしたら、まずはこのサイズから作ろうかなぁなんて思ったりしています…。

今は、まだ不調が続いているので、なかなか新しい作品ができていませんが、少しずつ作品作りもできたらいいなぁって思っています。
こちらは、3月になってもまだ寒くて、昨日は吹雪のような感じで。
今日は雨と曇りで少し暖かくなりましたが。
早く春になればいいなぁと思う日々です。(笑)

なかなかブログが更新できなかったりしますが、気長に待っていていただけると嬉しいです。



rara_kokoro at 19:53|PermalinkComments(0)

2016年02月04日

・石粘土の作品 その4


今日は立春ですね。
ここは雪国なので、まだまだ春は遠い感じもしますが…。
インフルエンザが流行ってきてるようで。
今年は流行がちょっと遅いですよね…。
冬本番になるのが遅かったからなんでしょうけど…。

今日は久しぶりにお陽さまの眩しい午前中でした。
このまま暖かくはならないんだろうけど、お陽さまが顔を出すのは珍しいよなぁ…と。
しっかり夜には風雪注意報が出てて、また雪が積もるんでしょうか…。

今日紹介するのは、石粘土の作品。
これは、先回紹介した作品とほとんど同じ形で作ったもの。
トレイ6
違うのは、色使いくらいかなぁ。
不思議なことに、同じ色を作るって難しいんですよね。
何回も作ってるはずなのに、絵具のちょっとした量の違いで違う色ができてしまう…。
そういう意味では、同じものは作れないのかもしれないですね…。
まぁ、形も同じ型を使ったとしても、粘土の微妙な量とかで自然と変わってきてしまうので。

そういう意味で、石粘土の作品も、同じものは一つとしてないって言ったほうがいいんだろうなぁ。
同じようなものをいくつも作れる形の作品よりは、重みがあるっていうか。
うまい言葉が見つからないけれど、その時その時の気分によっても左右されてしまう作品かも。
そこがまたいい味を出しているのかもしれないですけどね。(笑)
どうしても一つの作品を作るのに、かなり時間がかかるのと、一回で使う時間が割と長いので、時間にゆとりがないと手が出せなかったりするんですけどね…。

後は、作品を作る場所かな…。
現在の生活だと、ワンルームのアパートで生活してるので、寝るのも食事も作品制作も同じ部屋でするわけなので…。
もう一つ部屋があれば、作品を作ってる途中でも生活できるかもしれないんですけど、同じ部屋では、毎回片付けないと生活できないので…。
アトリエみたいなのがあればいいなぁとか思っちゃいますね。
でも、きっとどっちもどっちになっちゃうから性格的に合わないかもしれないけど。

今年になって、なかなか制作意欲がわかなくて、ボーっとしてる時間が長いんですが。
少しずつ作品制作に手を出せるようになればいいなぁと思う今日この頃です。
まぁ、焦らずゆっくり、とは思ってますけど。(笑)




rara_kokoro at 22:14|PermalinkComments(0)

2016年01月19日

・石粘土の作品 その3


なかなか毎日ブログを更新できていないんですけど。
ここのところの気圧のせいか、体調が悪く、寝込んでる時間が長くなってます…。
お薬のおかげでだいぶ楽になっていた頭痛がまたひどくなってきて、ついでに体のあちこちに痛みが出て…。
こういう不調が続くと、どうしてもPCに向かうのが億劫というか、何もしたくなくなってしまって…。
まぁ、冬の間は仕方ないのかなぁって思いつつ、今年は冬が来るのが遅かったから、余計に堪えるんですかねぇ。

どうしても不調だと気力が消えてしまうので、作品を作るのも滞っています…。
今日は、過去の作品の紹介ということで。
写真を撮った順番的に紹介している感じなのですが。
今回のは、先回のキルトのポーチを作った頃に完成した作品。
トレイ2
石粘土で作った作品の中でも、かなり自分なりにこだわった作品だったかなぁ。

この作品は、どうしてもプレゼントしたい方がいて、その方にプレゼント。
今も大事にしていてくださってるそうで、ありがたいです。
大きさ的には、長いほうが20㎝の楕円形で、深さは5㎝くらいのかご。
初めてブドウを飾りとして作ったんだけれど、どういう風につけていけばかごを使う時に邪魔にならないかって考えるのが結構大変だったかなぁ。
でも、とてもいい経験をして、あたし的には満足できた作品です。

この作品を作って、石粘土の作品作りにハマっていった感じがする…。
自分用にってあまり作品を作らないあたしなんですが、石粘土だけは自分用に作った作品がいくつかあるんですよね…。
そういう意味でも、とても思い出に残る作品です。
また、時間ができたら作ってみようかなぁって思っています。
いつになることやら…ですが。(笑)



rara_kokoro at 19:19|PermalinkComments(0)

2016年01月07日

・石粘土の作品 その2


今日は、また久しぶりに過去の作品の紹介を。
ずっとビーズが続いていたのですが、ちょうど先回紹介した「ドナルド」「デイジー」を作ったころに完成した「石粘土」の作品を。
トレイ ※ クリックすると少し大きくなります。
これは、あたしが初めて作った編む形の作品。
見本にする発泡スチロールのトレーをひっくり返して置いて、その上にラップをかけてテープで止める。
そして、その上に、ひも状にした石粘土をまずは横の真ん中に置いて、それからその両脇に間を開けながら並べていく。
これで横にひもが並んで、横のひもの真ん中のところから、互い違いに持ち上げて、縦のひもを置いていくって感じ。

うーん。
文字で書いて説明するのって結構難しいかも。
この文章だけを読んで、どうやって編んだかがわかる人はかなり「通」な方でしょうねぇ。
まぁ、簡単に言うと、カゴを編むときのように、縦ひもと横ひもが互い違いになるように、粘土のひもを発泡スチロールのトレイに並べていくって感じですかねぇ。
そして、粘土を軽く押さえて、粘土同士がくっつくようにして。
そのまましばらく(1週間くらい)乾燥させて、それから、下塗りをして、色を塗って、ニスを塗って仕上げ。
っていう感じで完成だったかなぁ。

これは、初めて編んだので、ひもとひもの隙間の広さがばらばらだし、ひもの太さも微妙にいろいろで。
色を塗るのも、教えてくださる方と、自分の思うのがちょっと違って、思うように塗れなかったり…。
で、角のところの飾りの「バラの花」「はっぱ」を作るのに結構苦労したり。
でも、「バラの花」ってこうやって作るんだって覚えた時は、ちょっと感動でした。
このサイズは、この後作っていないけれど、編んで作るカゴと言うかトレイは、ずいぶん作りました。
このトレイは、今でも机の上に置いてあって、文房具を入れています。

結構作ってたなぁって今になると懐かしく思う感じです。
また、少しずつ石粘土の作品も作れたらいいかなぁ。
ただどうしても、乾燥がダメだったり、一度形を作ったらしばらく置いておかないと色が濡れないとか、結構一つの作品に時間がかかるので、自分にもゆとりがある時じゃないと難しいのかなぁ。
または、毎週何曜日って作る日を決めたりとか。
病院で作ってた時は、毎週金曜日が石粘土工芸の日だったので。

そんなことを思い出しながら書いてみました。(笑)


rara_kokoro at 21:07|PermalinkComments(0)

2015年11月15日

・石粘土の作品


ここのところビーズの作品が続いたけれど、今日はちょっと違う作品を。
これは、写真を撮った時期に作ったもので、それより前には作ったことがない作品。
ちょうど2005年の秋くらいから作り始めたカテゴリーって感じかなぁ。
病院の外来作業療法の中で、週に1度この作品を作る日があって。
それに熱心に通っていた頃を思い出す。
その日しか作れないって言うのもあったし、今までしたことのないものだったから。

その作品第1号の写真がこちら。
シュガーポット
これは石粘土(石粉粘土とも)の作品。
石を砕いて粉にして、それにボンドを混ぜて、粘土にしたもので、紙粘土より強度が強くて出来上がったものもずっしりした感じに見えるのが特徴らしい。
ただ、めっちゃ乾燥するのが速いので、作ってる時に濡れたタオルで包んだり、ラップを巻いて乾燥を防ぎながら作らないと成形するのが難しかったり…。
作業療法で初めて知った粘土で、初めて作ったのですけど。

この作品は、型になる入れ物にラップを巻いて、その上から粘土をかぶせて形を作って。
乾燥させてから、ジェッソという下地を塗って、それからアクリル絵の具で着色。
それからニスを塗って完成。
って言う感じで作ってる。
刻印を押したり、取っ手のように見えるものを粘土をねじってつけたりするのも楽しかった。
初めてだったので、型にかぶせて作るっていう方法で作ったけど、だんだんレベルアップするのです…。
どうなっていったかは、これからのブログをお楽しみに…。(笑)

作業療法でもしなくなって、あたしも病院が変わり、最近までずっとしていなかったのですが、またしてみようかなぁと今、材料をそろえているところです。
どんな形のが作れるか、すっかり作り方を忘れていそうでちょっと怖いけど、何か形にできたらいいなぁって思ってます。




rara_kokoro at 18:45|PermalinkComments(0)