2015年11月17日

・ビーズの作品 その5


今までいろいろ作ってきてるけど、写真を撮って残してるのが一番多いのはビーズの作品かなぁ。
他の作品は、そんなに写真を撮ってないって言うか、手元に残ってるのが多いからなのか、同じものを何度も作っているからなのははわからないけど…。
ビーズの作品は、何度作っても同じものができるんだけど、それでも手軽に作れるからなのか、いろんな作品の写真が残ってる感じかなぁ。
最近はあまり作ってないのに、残ってる写真が多いって言うのはそういうことかも。(笑)
または、その時期にひたすらビーズばかりしてたってことかなぁ。

今日もその中のひとつを。
携帯ケース
これは、二つ折りガラケー全盛期だった頃のモバイルケース。
ちょうど二つ折りガラケーがすっぽり入る大きさで、その頃のちょっと厚めなガラケーがいい感じに納まるのでした。
これは6mmラウンドカットビーズで作ったと思うんだけど、ビーズの感じがゴロゴロしていて、携帯が取り出しにくい気がしたのはあたしだけかなぁ?
その後、どなたかへのプレゼントになったと思われます…。

自分でもどうしたか覚えてないんだけど。
たぶん、完成したものを見た親が、どなたかへのプレゼントにしたのでは…と。
わりとそういうことが多々ある家なものでして…。
あたしがあれこれ作ったものを「これいいわねぇ」と持っていかれることしばしば…。
まぁ、プレゼントされた方が喜んでくださるならそれに越したことはないのですが。
そんなふうに、作ったものがいつの間にかどなたかへのプレゼントになっている事も多々あるのです。(笑)

最近は、ビーズのストラップをプレゼントすることなど滅多になく、刺し子の花ふきんとかの要望が多いですかねぇ。
だんだん携帯がスマホになって、ストラップをつけることが少なくなってるからでしょうか。
そういう備品の需要の移り変わりも、時代の移り変わりみたいに懐かしくなるんですかねぇ。(笑)
まぁ、後は実用的なものの方が相手の好みを左右しないって言うのもあるかもしれません。
プレゼントされたほうも、好みじゃないものをもらっても嬉しくないですもんね…。
だから、最近のビーズの作品は、少しずつ実用的(?)なものになってる気がします…。

これも、時の流れによるものなのか、流行り廃りに左右されるんですかねぇ。
それはそれで、その時のいろんな事を思い出すツールになったりもするのかなぁ。
昔懐かしいあれこれとか、だんだん出てきそうだなぁ。
いつになっても大切だと思えるものを作れたらいいなぁって思ったりします。




rara_kokoro at 19:17│Comments(0)ビーズ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字