2015年11月16日

・パッチワークの作品 その2


一応、撮った写真の古い日付の順番で紹介してるんですが…。
必ずしも作った時期と一致してないかもしれないところがあるのは仕方ないとして。
作り始めてから、完成するまでにとても時間のかかる作品もあれば、けっこう簡単に完成する作品もあったりして。
それから、いつ、どのくらい作品を作っているかって言うのも関係あったりするわけで。

病院に入院中の作業療法の時間だったり、退院してからの外来作業療法の時間だったり、デイケアに参加している時間に作ったものだったりで。
ほとんどは、作業療法で作ったものかなぁ。
最近作った作品たちは、自宅で作ってるものがほとんどですけど…。
それを紹介するまでにはまだしばらくかかりそうかなぁ…。(笑)

今日は、パッチワークの作品を。
手さげ
微妙にサイズがわからないと思いますが、幅20cm、高さ13cm、幅5cmくらいの小ぶりの手さげです。
ちょうど入院しているときから作り初めて、完成したのは退院した後って言う手さげ。
写真を撮った場所が、作業療法センターの畳の上なので。
大きさは、自分がこのくらいのがいいって言って、色や布はスタッフさんが選んでくれたような…。
入院してる時って不調な訳で、型取りなども難しかった時は、スタッフさんにある程度してもらったり。
自分がするのは、もちろんピースを縫い合わせていくのと、キルティングをすること。

パッチワークを始めて、キルティングをするって言うのを覚える訳なんだけど、表になる、ピースをつなぎ合わせて作った面と、裏布の間にキルト芯をはさんで、しつけをしてキルティングをしていくという。
けっこうそれがまた大変って言うか、最初の頃はしんどかった。
だんだん慣れてくるとコツがつかめてきたりするんだけどね。
キルト用の針は、普通の縫い針と違って細くて短くて。
ちょっと油断するとどこかに行ってしまいそうで怖かったっけ。

そんな最初の頃から、だんだん自分でもキルティング用の針や糸を買って、自宅でもパッチワークをするようになったんだから、どうなるか分からないもので。
あんなに「布をわざわざ細かく切ってつなぎ合わせるなんて…」って思ってたあたしが、自分からパッチワーク用の端切れを集めたりするようになりましたし…。
やってみないとわからないことっていろいろありますよね。
パッチワークの柄というか模様というかも、いろいろ考えたりするのが楽しかった。
最近はずいぶんパッチワークもしてないなぁって思いますが…。(苦笑)

そんな感じでしばらくパッチワークにこった時期もありました。
熱しやすく冷めやすいあたしなので、ハマってる時期はずっとパッチワークばかりだったし、飽きるとビーズばっかりとか、まぁコロコロ作るものが変わって。
そんなおかげなのか、手芸に関してはなんでもする、みたいな多趣味な人になりましたかねぇ…。(笑)
手作りが大好きって言うのだけは、ずっと変わってない気持ちかなぁ。




rara_kokoro at 22:46│Comments(0)パッチワーク 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字