2015年11月11日

・パッチワークの作品


病院に入院して、初めてしたのは、その当時病棟でゆっくりした時間があると看護師さんたちもしていたパッチワーク。
もちろん、今は病棟でそんなことできなくなったと思うけど。
その当時はゆったりしていたのかなぁ。
解放病棟だったから、わりと患者さんたちも落ち着いている人が多かったからできたのか、看護師さんたちの数が多かったのか…。
日中にプログラムのない、土日にしてることが多かったかもね。

そこで、あたしはパッチワークについて教えてもらい。
それまでは裁縫はしてたし、洋裁は好きで自分の服とかを作っていたくらいだから、そういう意味での知識はもっていたけど。
パッチワークには、自分的な偏見(?)もあってしてなかった。
せっかくの布を細かく切り刻むなんてもったいないって思ってたから。
でも、今だから、大きい布を細かく切って縫い合わせるけど、昔は残ったハギレを縫い合わせて作っていたんだよね。

そう思うと、刺し子と同じように、先人たちの知恵の結晶なんだけど。
そう思えなかったあたしは手を出さずにいて。
でも、勧められるがまま、針仕事が好きだったのもあってすぐにハマった。
初めて作った作品は、丸い底の巾着。
丸い底がかわいい感じで、出来上がったのは友だちにプレゼントしたんだった。
写真もその頃は撮る習慣がなかったので残ってない。

で、それからだんだん、作業療法に行くようになり、調子が悪い時は刺し子をするんだけど、少しずつ手が動くようになってくるとパッチワークを。
どのくらい作品を作ったかなぁって言うくらい作った。
一番最初に作った作品は残ってないけど、けっこう最初の頃に作ったのがこちら。
ecobag
これだけ見ると何かよくわからないかもしれないけれど。

実は広げると…。
ecobag1
そう、エコバッグになるのです。
持ち歩く時の大きさのポケットになっていて、そこにたたんで重ねて、ループをボタンに引っ掛けて収納って言う感じ。
あたしはループとボタンをつける場所を間違えてしまったのですけど、使う分にはちっとも問題ないです。(笑)

この写真を見ると、撮った場所が病室だって言うのがわかる。
作品の下になってる(背景って言うのかしら)白い布は、ベッドのシーツ。
自分が入院している時に作っていて、完成して病室に持ってきて、そこで写真を撮ったようです。
こうやって、病院で作った作品ってけっこうあるんだよなぁ。
ちなみにこのエコバッグは今でも使っています。
だんだんよれよれになってきてはいますけど…。(笑)




rara_kokoro at 20:21|PermalinkComments(0)パッチワーク 

2015年11月10日

・ビーズの作品


病院の作業療法で、作品を作るのが多かったかなぁ。
初めて参加する人は、簡単な刺し子の布巾が多かった。
あたしも最初は例に洩れず、ただひたすら並縫いをする刺し子が多かったと思う。
そのうち、慣れてきて、手が動くようになると、花ふきんという、柄のある作品を作るようになって。

でも、いつも刺し子っていう気持ちにならない時もあって。
そういう時にビーズを始めた。
最初は、病院が準備してくれるキットとかで作るんだけど、だんだん違うことがしたくなって…。
退院して、外来で作業療法に通うようになる頃には、自分でもずいぶん材料を揃えるようになった。
作るものも、だんだん立体的なものになってきて。

Qoo
これは、デイケアに参加するようになって、初めて作った作品。
CMでもよく見るキャラクターで。
あたしは、小さい時に、親にこの名前で呼ばれていたから、なんか親近感があって。
初めて作った立体的なもので、Tピンの先を丸めるとか、ドキドキしながらやったのを覚えてる。
少しずつ立体的なものを作るきっかけになった作品かなぁ。

作業療法に通っていた頃に作っていたビーズの作品の写真がほとんどないところがミソですかねぇ。
もちろん、退院してからも、デイケアと作業療法は、曜日によってそれぞれ参加していたんだけど、だんだん作業療法ではビーズをしなくなっていった感じかなぁ。
その代わりって言うのも変だけど、デイケアでビーズをするようになった感じ。
作業療法では、手芸の時間って言うのと、そのほかの作業の時間があって、曜日によって決まっていたんだけど、手芸の時間ではパッチワークをすることが多くなったかなぁ。

作業療法は、外来で参加できる日とできない日がその頃はあって、作業に参加できない日はデイケアに行っていたと思う。
もちろん、体調が今よりもっと波が大きかったから、毎日なんて通えてなくて、行けたり行けなかったりをずっと繰り返してたかなぁ。
行ける時はずいぶん続けて行けてたけど、行けなくなるとぱったり行かなくなるっていう感じだった。
そういう意味では、今みたいにだいぶ動けるようになったのはビックリかな。

そんな感じで、あたしの通院と入院と寝込む日々が続いていたのでした…。
今から15年位前の話かなぁ。
今は、この時に通っていた病院と違うところに通っているし、この病院も新しい場所に移って、中のシステムも変わったようなので、あたしには分からないんだけどね…。
そんな以前の事を思い出しながら、このブログを書いています。(笑)



rara_kokoro at 16:30|PermalinkComments(0)ビーズ | From Mobile

2015年11月09日

・画像の管理?(刺し子の作品)

自分が作った作品を写真に撮り始めたのはいつ頃からかなぁ?
もともとカメラなんて持ってなかったし、作品の写真を撮るっていうことも考えてなかった。
それが写真を撮って保存するようになったのは、携帯を持つようになってからかも。
そして、作品の一番最初に撮ったものってなんだろうって思い出そうとしてみたけど、思い出せず…。
携帯のカメラで初めて撮った作品は、たぶん、入院中に作ったものだったと思う…。

自宅でも作品作りはしてたけど、一番作品を作るようになったきっかけは、病院に入院してからかな。
その当時は病棟の中で、看護師さんとかにパッチワークを教えてもらったりしてた。
あたし的にはパッチワークはそれまでしたことがなかったから、とても新鮮な気持ちだったのを覚えてる。
それと同時に、布で服とかを作ってた感覚があったから、せっかくの布を細かく切るなんてもったいないって思ったのもあったっけ。(笑)

そして、入院中に作業療法に行くようになり、そこでパッチワークだけじゃなくてビーズ細工もするようになった。
退院後は、病院のデイケアに通ったり、外来作業療法で、パッチワークやビーズや刺し子をしてたなぁ。
そこから少しずつ写真を撮り続けるようになって、自分が作ったものを写真に撮るようになった感じがする。
もともと、作ったものをよっぽどのことがないと自分の手元に残さない性格だったりするので、こういうの作ったって記録として写真を撮ってたんだと思うけど。

柿の花(花布巾)
この作品は刺し子で作った花布巾。
もっといろいろ作ってたけど、この作品を作った時に、初めて写真に残した記憶が。
この刺し子は「柿の花」って言う図案なんだけど、初めて見た時になんか気に入ったの。
刺し方そのものはとても簡単で、ひたすら並縫い(?)をしていくと出来上がるんだけどね。
でも、刺し終わったときの達成感と、出来上がったキレイさに惚れ惚れしたのを覚えてる。

そんな感じで、あたしの作品作りに拍車がかかったのと、写真に残すことが始まったような…。
これから、少しずつ撮りためた(?)写真を載せていけたらいいなぁって思ってる。
携帯で撮ってるから、サイズは最初から小さかったりするんだけどね。
でも、手軽に撮れるのはありがたいよね。
仕事ができなくなって、家で療養することが多くなったから、それも作品作りに拍車をかけたんだと思う。
そんな作品たちを見てくださいませ。




rara_kokoro at 18:09|PermalinkComments(0)刺し子 | その他

・初めまして?

作品作りを始めてからずいぶん経つけど、いろんなブログにチョコチョコ載せたりしていて、作品だけをまとめている場所がないことに気づいた。
おまけに、最近の作品はほとんどブログに載せてないし…。
改めて、作品を残しておく場所があったらいいなぁって思って、思わず新しいブログを開設してしまった…。
そんなにあれこれ更新できるとは思えないけど、作った作品を残して置ける場所になれば、ただそう思って。

最近作ってる作品たちだけじゃなく、ずっと前に作った作品たちも、写真を引っ張ってこようかなぁって思ってる。
一つ一つの作品にはそれなりに思い出とかがあって、これを作っていた時はあんなことがあったかなぁなんて言うのもあるし。
もともと、作ったものを手元にあまり残しておかないたちなので、写真だけしか残ってないものもたくさんあるんだけど。
そういう作品たちの思い出なんかも綴っていけたらいいのかなぁ。

一応、カテゴリには、それぞれの作品たちの分類をしてみました。
ちょっとずつカテゴリが増えるかどうかは別として、趣味の幅が広がってるから、どうなることやら…かな。
熱しやすく冷めやすいところもあるので、一つのテーマでずっと作っていたと思ったら最近はぱったり作らなくなってるものもあるしね…。
そういう作品たちを見ながら、また作ろうかなぁって思えたらいいかなぁ。
そんな感じで、過去にもさかのぼりながら、このブログを綴っていこうと思ってます。




rara_kokoro at 14:09|PermalinkComments(0)その他